スポーツ少年団の歩み

 スポーツ少年団は、昭和47年に可児町スポーツ少年団として創設されました。当初は4種目(野球・卓球・ソフトボール・剣道)の単位団、団員総数139名の加入から始まり、昭和53年には各地区に支部を結成しました。その後、全市団の新設、各学校区で校区を結成し、それぞれ単位団が増えていきました。昭和56年には団員総数は2,000名を突破、昭和57年の可児市市制施行に伴い、可児市スポーツ少年団となり、昭和61年には過去最高の登録団員数2,627名を記録しました。

 スタートしてから今日まで、将来に向かって伸びていこうとする子どもたちに、どのような環境においても自分を見失わず、力強く立ち向かうことのできる力を養う場として、活動に関わるすべてのものが努力しております。

可児市スポーツ少年団 団員・指導者数の推移

年度単位団数団員数指導者数
(有資格者)
平成15461118198
16421003224
17431102292
18431186213
19421175233
20391137206
21391162225
22381117230
23381121222
24381137231
25381040221
26351016205
27361007220
28371009294
2937966287
3035953270
令和元35899262
233763214
333730191

令和3年・令和4年度 可児市スポーツ少年団 本部役員名簿         

役 職氏 名所 属
本部長中井 俊策バレーボール
副本部長上岡 和仁バレーボール
理事長佐藤 慎也バスケットボール
副理事長清水 良伸サッカー
監事多賀 英子野球
監事矢嶋 紀子全市団 乗馬

令和3年度 可児市スポーツ少年団 事業計画

事 業 計 画期 間会 場 等
1第1回本部役員会4/25(日)錬成館 2Fミーティングルーム
2第1回理事会・代議員会5/30(日) *中止新型コロナウイルス感染症拡大防止のため書面表決
3春季種目別大会5~6月各会場
4ボランティア活動5月~2月各校区・全市団
5日本スポーツ少年団への登録
(単位団・団員・指導者登録)
7月3日(土)~7月16日(金)ウェブ申請、錬成館
6「少年の主張」協力6/19(土)可児市 福祉センター
7夏季種目別大会7月~9月各会場
8岐阜県ジュニアリーダースクール7月27日(火)~7月29日(木)岐阜市少年自然の家
9可茂地区リーダー研修会中止中止
10東海ブロックスポーツ少年大会8月13日(金)~8月15日(日)*中止静岡県 県立三ケ日青年の家
11岐阜県スポーツ少年団大会8月17日(火)~8月19日(木)東濃地区 夕森キャンプ場
12スポーツ指導者資質・向上委員会10月3日(日)御嵩町 御嵩町役場
13秋季種目別大会10月~12月各会場
14青少年育成シンポジウム協力11月20日(土)可児市 福祉センター
15スタートコーチ養成講習会オンライン(9~10月)
グループワーク(11月~12月)
坂祝町
16種目部会長会随時錬成館
17スポーツ少年団研修会
(旧:県指導者・育成母集団研修会)
11月27日(土)岐阜地区(プリニーの文化ホール)
18可児駅伝競走大会協力12月12日(日)可児市東部
19冬季種目別大会1月~2月各会場
20地区スポーツ少年団研修会
(旧:指導者・保護者研修会)
1月29日(土)可児市 福祉センター
21可児シティマラソン協力・参加2月20日(日)花フェスタ記念公園内
22可茂地区種目別交流会4月~2月野球、ソフトボール、バレーボール、サッカー、剣道
23花いっぱい運動参加5月・11月各校区
24運動適性テスト随時各校区
25本部役員会随時錬成館
26臨時代議員会随時錬成館
27新入団説明会 など3月中各校区

*ボランティア活動については、校区ごとの取り組みではなく、単位団で取り組むなど従来の方法を変更して実施。
*新型コロナウイル感染症感染拡大状況により、中止になる場合があります。